新着情報明石市立少年自然の家の新着情報&ブログ

バードウォッチング

2月17日(日)に
日本野鳥の会ひょうご支部より2名の講師をお招きして
バードウォッチングを実施しました!

午前中は、軽く手遊びをして緊張感をほぐして

鳥について講師から色々と教えてもらいました!!
…毎年、あるある話になってしまうんですが、
何故か、講師と同じぐらい鳥に詳しい「博士」みたいな参加者がいるんです。
今年も、2名の博士とたくさんの物知り参加者さんがいました!!

鳥についてプロジェクタを用いたり
絵本を読み聞かせていただいたり
実寸大のイラストを用いて自分の体と比較したり
おもしろおかしくお話を聞けました!!

お昼からはいよいよバードウォッチング!!
…と思ったら、まさかの雨!!!
でも、みなさん雨具を準備してもらっていたので問題無し!!
いざ!出発!!

目的地のため池に着く頃には雨も止んでいました~!!




今年は合計35種類の鳥を観察することができました!!

このイベントを始めてかれこれ29年。
今まで観察した鳥の種類を講師の方々がまとめてくださっています。
これは…かなり貴重な資料ですね~!!
次年度はいよいよ30周年!!
珍しい鳥がお祝いしに来てくれたら…いいなぁ~♪

ファミリーチャレンジ ~バームクーヘン作り&竹箸作り~

こんにちは!自然の家の武藤ゆーみんです。

今年3回目のファミリーチャレンジ、ようやく晴れました。

多少、風はありましたが、親子で思い切りアウトドアを楽しむ1日になりました。

 

集合して、簡単なオリエンテーションをした後は、

恒例の交流会で、心と体を温めます!

子どもも、大人も、走ったり、頭を使ったり、最後にはチームで協力して、

楽しむ時間になりました。

早めに昼食をとったら、メインのバームクーヘン作りが始まります!

まずは生地作り。

卵を割って、砂糖を計りで計って…

普段はあまりやらないことでも、チャレンジしてみました!

そして、かき混ぜる作業も、ボウルを押さえる人、泡だて器で混ぜる人、

みんなで協力をして作っていきます。

生地が完成したら、炭の上で焼いていきます。

生地を焼く作業はなかなか大変。

生地が竹の上からすぐに流れてしまうのです。

竹の両端を持つ人は心を合わせて、

他にも生地を流す人、ヘラで伸ばす人、みんなで協力をして

一層一層焼き上げていきました。

時間をかけて、少しずつバームクーヘンが太ってきました。

とっっっても時間をかけて、ようやく完成!!

さっそく竹から外して、半分に切ってみると…

ちゃんと年輪が現れました!

コーヒーやお茶を飲みながら、みんなで作ったバームクーヘンを食べると…

とっても美味しくて頬が落ちる程でした!

片付けをして、最後は竹を使って、箸作りを行いました!

使い方を間違えたら危険な小刀。

しっかり使い方を聞いて、安全に使うことがでいました。

子どもも大人も、みんな夢中になって削っていました!

 

みんなで協力して作ったバームクーヘン。

一人ひとりこだわって作った、竹箸。

身近な竹という自然の素材を使って、親子で楽しむことができました。

自然の家では、今後も様々なイベントを企画していきます。

またぜひ、アウトドアで一緒に活動出来ることを楽しみにしています。

今回はご参加いただき、ありがとうございました!

 

ゆーみん

 

明石ぼうけんクラブ 第5回 13kmウォーク&修了式

こんにちは!自然の家の永田まっちです。先日の『明石ぼうけんクラブ 秋&冬』のご報告をさせていただきます。

今回はぼうけんクラブ最後の活動。舞子公園から自然の家までの13kmウォーク。子どもたちにとっては大きなチャレンジだったと思います。

歩いたのは2日目。まずは1日目の活動からお話します。

1日目はオープンスクールがあり、ぼうけんクラブは20人弱で始まりました。最初は交流会ゲーム!今回もすごく盛り上がりました。その後は班でお昼ご飯を食べて、午後からは思い出クラフト作りです。

  

今回は、班でオリジナルキーホルダーをプラ板で作りました。班で1つのデザインを考えました。学校に行ってる子やお休みの子の分も作っています。このキーホルダーを付けて、13km頑張るぞ!そんな想いを込めて作りました。

  

クラフトを作った後は、お部屋に入ります。この時間にはほとんどの子どもたちが来てくれていました。第3回目の時とお部屋を変更して宿泊しています。

 

その後は13kmウォークについてのお話を行いました。実際に使用する地図をみて、チェックポイントの場所や、時間を確認しました。さらに、各班で歩く際の目標と出発時の掛け声とポーズも決めて発表をしました。『休んでいる子の分も楽しく笑顔で歩く』『ポジティブな声かけをして助け合って歩く』など、素敵な目標を発表していました。

  

 

発表の後は、最後の夕食『鍋』を食べました。入室する前に、共通の食材以外に各班2種類の食材と出汁を考えていました。班で決めた食材を班のみんなで美味しそうに食べていました。鍋の中は空っぽになりました。

 

夜は、お楽しみゲーム、活動のふりかえりをして1日目は終了しました。

 

 

2日目、いつもよりはやく起きてスタートです!私が思っていたよりもかなり早くに部屋の片づけが終わっていました。いつもなら朝食を食べている時間に、自然の家を出発して、電車で舞子公園まで移動しました。

    

約30分電車で移動して、舞子公園に到着しました!今回は朝の集いに出席できなかったので、ぼうけんクラブで準備体操も兼ねて、ラジオ体操を行いました。ラジオ体操が終わった後は班で目標の確認や声を掛け合い、いよいよスタートです!

各班交通ルールを守り、楽しく、遊びながら歩いていました。休んでいる子の名札をつけて歩く、貝殻やシーグラスを余分に拾い集めるなど、班の仲間を想う場面もありました。

      

   

                    

無事、全班ゴールすることができました!目標の時間に間に合うことができなかったですが、無事に笑顔でゴールできました。疲れた様子もありましたが、充実した満足そうな表情をしていました。本当にお疲れ様でした。

その後は全活動のふりかえりをして、体育館で修了式を行いました。1人1人、名前を呼んで大きな声で返事をします。4年生には私から、1年生~3年生にはそれぞれ担当のリーダーから修了証を渡して、修了式はおしまいです。これで全活動が終わりました。

      

【ぼうけんクラブのみんなへ】

ぼうけんクラブにくるたびに、仲間(なかま)たちと、とってもなかよくなりましたね。あそび、しゃべり、わらいあう、みんなをみれて本当(ほんとう)によかったです。そんな仲間(なかま)たちといろんなことにチャレンジしてきました。

ぼうけんクラブで、いろんなことがあったとおもいます。これからも学校(がっこう)やお家(うち)で、また学年(がくねん)があがり大人(おとな)になっても、たくさんのことにチャレンジしてほしいです。どんなことにチャレンジしても、きっと乗り越えることができると信(しん)じています。

またみんなと活動できることを、リーダー、まっち、ゆーみん、みんなで楽しみにしています。またいろんなことにチャレンジしようね!

 

【保護者の方へ】

この度は、明石ぼうけんクラブ秋&冬にご参加いただき、

本当にありがとうございました。

自然の家では今後も様々なイベントを企画、実施してまいります。

またのご応募、心よりお待ちしております。

 

明石市立少年自然の家 永田まっち

 

 

 

 

ジュニアリーダーズクラブ⑦&あそぶんデイ

今年度最後の活動となるジュニアリーダーズクラブ⑦!
そして、前々から準備をしていたあそぶんデイの日でもあります!!

あそぶんデイ前日となる土曜日は、
みんなで会場準備につかう
飾り付け用の折り紙で作って長さを競い合ったり

葉っぱのブローチを使った名札の仕上げをしたり

リハーサルをしたり

ふりかえりをしたり

最後の夕食では
みんなからのリクエストだった「たこ焼き」を作って食べたり




一日かけてたくさん準備をしました!!

そして日曜日!
朝食を食べた後は早速準備!!

看板も作って、飾りつけもして…作戦会議もして…

いよいよ本番直前!!
みんなで円陣を組んで気合一発!!

そして、あそぶんデイが始まりました!

開講式では22人のジュニアリーダーが一斉に自己紹介!!
えぇ、そんなにたくさんの
お兄さんお姉さんの名前を一気に覚えられませんっ(笑)

でも、自己紹介を兼ねた遊びを通して
近くにいる人と少しずつ仲良くなってきました!!






楽しかった時間もあっという間!!
4つのレクリエーションゲームと
ペン立てを作ったあそぶんデイ参加者は
とてもいい笑顔で帰っていきました!!

そして、それを見送るジュニアリーダーの皆さん!!

あそぶんデイ解散後は最後の食事!
心なしか、第1回に比べてオトナになったようないい笑顔♪

そして、最後の活動である、修了式!
まずは、今までの活動で
どんな出来事があったのか思い出してもらいました!!

そして、仲間でたくさんチャレンジしたとき、
どんな気持ちだったのか、
それはなぜだったのか、
この活動が終わった後、
普段の生活でどんな風に生かすことができるのか…
と、色々と考えてもらいました!

今年度のジュニアリーダークラブの活動はこれでおしまいです。
みんながこの活動に関わって
気付いたことや学んだことを
次の場で役立ててくれることを
心より期待しています。

本当によく頑張ってくれました!
そして、これからも頑張ってください!!

またね!!

ジュニアリーダーズクラブ⑥

こんにちは、明石市立少年自然の家のらいあんです!
1月19日~20日でジュニアリーダーズクラブの活動を実施しました!

今回でもう6回目。さすがにメンバー同士のコミュニケーションも活発になってきました!

でも、まだまだ自分たちも気付いていない可能性を引き出してもらうため、
今回は講師をお招きして1日目の午後から仲間作りの遊びを実施しました!!

でもでも、その前に午前中の活動から。
午前中は、夕食の準備をしました!
今回は、寒い季節に食べるとなんだかほっこりする
中華まんを作りました!

みじん切りとか分量を計測するとか
少し手こずる場面ばありましたが…
1時間ほどで下ごしらえは終了!!

お昼からはいよいよ仲間作り遊び!
講師のけんさんが様々な遊びを通して
楽しみながら「考える」事と「課題を解決するのに何が必要か?」を
たくさん教えてくださいました。

この活動を通して、課題をクリアするためには
近くの人に意見を言うだけではみんなに共有できないことや
より良い結果にするためには「これが限界」と思うのではなく「まだできる事は無いか?」と考えることが大事だと学べましたね。

そして、仲間作り遊びが終わった後は夕食作りの仕上げ!
小さく丸めた皮にあんを入れて形を整えて蒸しました!

出来立ての中華まんはほっくほく♪

たくさん食べた後はあそぶんデイでする工作の練習!

このメンバーの特徴ですが…
絵を描くのが好きな子がぼちぼちいるんですよね~。
今回は試作だし本番も時間がないから手短に!
って最初に言ったのに時間が来ても全然絵を描くのをやめようとしない子が居ましたね~(笑)

本番もそんな子が出てくると思いますが、どんな声をかければいいんでしょうね~?

2日目は1日目の仲間作り遊びを通してどんなことを学べたのか確認した後に
午前中はあそぶんデイについて話し合いと準備をしました!

午後からはいよいよリハーサル!
らいあんとしては、集中して真剣に取り組んでもらいたかったんですが、
最初はみんなニヤニヤしてちょっと遊び感覚でやっていました。
でも、「何のためにリハーサルをするのか?」を考えてもらった後に続きの流れをすると
みんな一生懸命取り組んでくれました!!
けんさんの研修を通して「メリハリをつける」って学べた部分が発揮できましたね!!

リハーサルを終えてまだまだよくなりそうな部分はありました!

リーダーからのアドバイスももらったし次回はいよいよ本番・そして、最終回です!!
ジュニアリーダーズクラブに参加しているみんなも、あそぶんデイに来てくれる参加者にも
ボランティアリーダーにも満足できる内容にみんなで作り上げていきましょうね!!

明石ぼうけんクラブ 第4回 コマ地図ウォークラリー

こんにちは!自然の家の永田まっちです。前日の『明石ぼうけんクラブ 秋&冬』のご報告をさせていただきます。

今日は、全5回あるうちの第4回目!折り返し地点を過ぎての活動でした。今回はコマ地図ウォークラリーがメインのプログラム。子どもたちだけで歩ききるという内容でした。

まず、午前中は年末年始もあり久しぶりだったので交流会ゲームをしました。おにごっこ、あひるを落とし合う『あひる落とし』、リーダーのカゴにあひるいれる『玉入れ』。どれもすごく盛り上がりました。

そのあとは、班で過ごす時間。それぞれの班で違う話をしていました。話が終わった後、今度は班で遊びました。最後は班を超えて、はないちもんめをしていました。そして昼食です。

  

そしていよいよコマ地図ウォークラリー。今回は第1回目に行ったウォークラリーより難易度が上がっています。いつもは助けてくれるリーダーが、しゃべれない状態でスタート。さらに、続きの地図をかけた『課題ゲーム』にも挑戦して、子どもたちだけで時間内にクリアするという内容で行いました。

途中で道を間違えてしまい苦戦する班、ゲームがなかなかクリアできない、班内で意見がわかれるなど、それぞれの班で様々なことが起こりました。『おたすけカード』を各班3枚配り、それを使えばリーダーからヒントがもらえるようにしていましたが、各班1枚使用、もしくは未使用でした。自分たちでなんとかしようと子どもたちが取り組んだ結果なのかなと、感じています。

今日で4回目の活動が終了し、残すはあと1回となりました。いろんなコトにチャレンジしてきたぼうけんクラブ。残すチャレンジは13kmウォークです。今回のように、班全員の力を合わせれば歩ききれると信じています。

ぼうけんクラブではまだ35人全員が揃って活動をしたことがないので、第5回は全員揃って活動を終えたいです。

また遊びにきてください!お待ちしています。

 

永田まっち