新着情報明石市立少年自然の家の新着情報&ブログ

明石ぼうけんクラブ 第5回 13kmウォーク&修了式

こんにちは!自然の家の永田まっちです。先日の『明石ぼうけんクラブ 秋&冬』のご報告をさせていただきます。

今回はぼうけんクラブ最後の活動。舞子公園から自然の家までの13kmウォーク。子どもたちにとっては大きなチャレンジだったと思います。

歩いたのは2日目。まずは1日目の活動からお話します。

1日目はオープンスクールがあり、ぼうけんクラブは20人弱で始まりました。最初は交流会ゲーム!今回もすごく盛り上がりました。その後は班でお昼ご飯を食べて、午後からは思い出クラフト作りです。

  

今回は、班でオリジナルキーホルダーをプラ板で作りました。班で1つのデザインを考えました。学校に行ってる子やお休みの子の分も作っています。このキーホルダーを付けて、13km頑張るぞ!そんな想いを込めて作りました。

  

クラフトを作った後は、お部屋に入ります。この時間にはほとんどの子どもたちが来てくれていました。第3回目の時とお部屋を変更して宿泊しています。

 

その後は13kmウォークについてのお話を行いました。実際に使用する地図をみて、チェックポイントの場所や、時間を確認しました。さらに、各班で歩く際の目標と出発時の掛け声とポーズも決めて発表をしました。『休んでいる子の分も楽しく笑顔で歩く』『ポジティブな声かけをして助け合って歩く』など、素敵な目標を発表していました。

  

 

発表の後は、最後の夕食『鍋』を食べました。入室する前に、共通の食材以外に各班2種類の食材と出汁を考えていました。班で決めた食材を班のみんなで美味しそうに食べていました。鍋の中は空っぽになりました。

 

夜は、お楽しみゲーム、活動のふりかえりをして1日目は終了しました。

 

 

2日目、いつもよりはやく起きてスタートです!私が思っていたよりもかなり早くに部屋の片づけが終わっていました。いつもなら朝食を食べている時間に、自然の家を出発して、電車で舞子公園まで移動しました。

    

約30分電車で移動して、舞子公園に到着しました!今回は朝の集いに出席できなかったので、ぼうけんクラブで準備体操も兼ねて、ラジオ体操を行いました。ラジオ体操が終わった後は班で目標の確認や声を掛け合い、いよいよスタートです!

各班交通ルールを守り、楽しく、遊びながら歩いていました。休んでいる子の名札をつけて歩く、貝殻やシーグラスを余分に拾い集めるなど、班の仲間を想う場面もありました。

      

   

                    

無事、全班ゴールすることができました!目標の時間に間に合うことができなかったですが、無事に笑顔でゴールできました。疲れた様子もありましたが、充実した満足そうな表情をしていました。本当にお疲れ様でした。

その後は全活動のふりかえりをして、体育館で修了式を行いました。1人1人、名前を呼んで大きな声で返事をします。4年生には私から、1年生~3年生にはそれぞれ担当のリーダーから修了証を渡して、修了式はおしまいです。これで全活動が終わりました。

      

【ぼうけんクラブのみんなへ】

ぼうけんクラブにくるたびに、仲間(なかま)たちと、とってもなかよくなりましたね。あそび、しゃべり、わらいあう、みんなをみれて本当(ほんとう)によかったです。そんな仲間(なかま)たちといろんなことにチャレンジしてきました。

ぼうけんクラブで、いろんなことがあったとおもいます。これからも学校(がっこう)やお家(うち)で、また学年(がくねん)があがり大人(おとな)になっても、たくさんのことにチャレンジしてほしいです。どんなことにチャレンジしても、きっと乗り越えることができると信(しん)じています。

またみんなと活動できることを、リーダー、まっち、ゆーみん、みんなで楽しみにしています。またいろんなことにチャレンジしようね!

 

【保護者の方へ】

この度は、明石ぼうけんクラブ秋&冬にご参加いただき、

本当にありがとうございました。

自然の家では今後も様々なイベントを企画、実施してまいります。

またのご応募、心よりお待ちしております。

 

明石市立少年自然の家 永田まっち