新着情報明石市立少年自然の家の新着情報&ブログ

ウインターキャンプ~一足早い、クリスマス&お正月を楽しもう!~

こんにちは!少年自然の家のゆーみんです!

12/1~2でウインターキャンプを行いました!

12月に入りましたが、とても暖かく、天気の良い2日間で、気持ち良く活動することができました。

まずは、交流会で緊張をほぐします。

体を使って遊び、班のお友だちと交流することで少しずつ緊張がほぐれました。

班で交流する時間をとって、お弁当タイムをとったら、宿泊する部屋へ入ります。

布団の準備、夜の入浴のためのお風呂セットの準備を行いました。

夕方から、いよいよクリスマスクッキングが始まります!

みんながそろって、クッキングの説明をしていると…

どこからともなく、サンタさんが3人やってきました。

クッキングに必要な食材と各班で作るメニューが書かれたクジを運んできてくれたようです。

くじを引いて、メニューが決まったらいざスタートです!

野菜を切って茹でて、上はポテトサラダ作りの班です。

ホットケーキをたき火で焼いて、デコレーション。

上はケーキチームです。

そして、ダッチオーブンを使ってチキンの丸焼きを作りました。

ダッチオーブンを開ける時は歓声が起こりました!

全ての料理が完成すると、分け合って、パーティーを開きました。

どの料理もとっっっても美味しく、全て完食でした。

もちろん片付けもみんなでがんばります。協力して使った食器を洗いました。

2日目のテーマは「お正月」でした。

まずは羽子板作りを行います。ポスカや絵の具を使って、思い思いの絵を描きます。

世界に1つだけのオリジナル羽子板が完成しました!

続いて、お餅つきに挑戦です!

蒸かされたもち米をまずは杵で潰して、お餅状にします。

お米から餅になる瞬間を観察しました。

お餅状になりかけのものを、杵で何度もついて、お餅を完成させます。

力いっぱいつきました。

高学年のメンバーは大人用の思い杵にも挑戦しました。さすがの力強さを見せてくれました。

お餅が完成すると、みんなでお餅を丸める作業を行いました。

お雑煮用の丸餅と、あんこ・きなこ餅ようにちぎり餅と、作っていきます。

全て完成したら、いよいよお昼ごはんです!

なんと、スタッフ含め40名で、4升(40合)分のもち米を平らげました!

自分たちでついた、つきたてのお餅はとても美味しかったです!

最後は羽根突き大会!練習タイムを行ってから、いざ本番!

本番は風の影響も考えて会場を体育館に移動して行いました。

最初は班の中で勝負をして、班の代表を2名選出します。

選出された2名がトーナメント戦を戦いました。

トーナメント戦では、班の仲間を応援する声や、ラリーが続いた歓声が響き、

とても盛り上がった時間になりました!!

「ウインターキャンプ」という名前にあまりふさわしくない、暖かい日でしたが、

クリスマスにお正月といった季節ならではを存分に楽しめる2日間になりました。

またプログラムだけでなく、班の仲がとても良く、自由時間に思い切り楽しんでいる姿もたくさん見られた2日間でした。

また、荷物整理や布団敷き、ごはんの配膳や片付けなど、しっかり行っていました。

自然の家では季節ごとのプログラムをたくさん用意しています!

また一緒に遊びましょう~まったね~