『サバイバルチャレンジ』のご報告

2019年度後半のスペシャルイベント、『サバイバルチャレンジ』が2月16日ですべての日程を無事終了しました。

第1回では『ファイヤー』 第2回では『ウォーター』 第3回では『ナイフ』について、体験しながら学び、その知識と経験を活かして1泊2日の『サバイバルキャンプ』を行いました。

先ずは『火おこし選手権』

今回は「新聞紙を使わない」で火おこし。

刃物を上手に使って、薪を小さく削り火種を作るところから。

鉛筆の削りかす、のようなものをつくります。

 

火が付きやすいように、薪割り。

今回は、最新の薪割りマシーン『キンドリング・クラッカー』を導入。

安全に薪割りができます。子どもたちも興味津々。

 

使えるマッチは10本だけ!

 

上手いこと麻ひもを焼き切ることができれば、

ミッションクリア!

マシュマロをゲットできます。

 

そして、マスクに手袋、衛生管理もバッチリ準備して、

お昼ご飯のスープ作り。

美味しいスープが出来上がりました。

「いっただっきまーす!」

 

お昼からは、『段ボールシェルター造り』

まずは、材料運びから。

バケツリレー方式でサクサク運ぶ、チームワークを学びました。

そして、『シェルター』、各班創意工夫のあふれた『ベースキャンプ』ができました。

 

晩ご飯は、災害時の想定で、「アルファ米」と缶詰ごはん

作り方をよく読んで…

お湯を注いで15分でおいしいご飯の炊きあがり!

缶詰も、みんなで分け合っておいしくいただきました。

 

食後は、「簡単ランタン」を作り、災害時のチームワークを想定した『くらやみゲーム』を体験し…

 

長い1日が終わりました。

 

2日目の、メインイベントは『護身術』

元、某国陸軍の護身術インストラクター、MOTOちゃんが、

『万が一』の危険緊急時に身を守る方法を熱心に指導してくれました。

身体の部位で、一番重要な、守らなければならない場所はどこか?

子どもたちも、まるで映画に出てくるような『危険』な状況の対処法に、

真剣に取り組んでいました。

腹筋だって鍛えないと!

 

『サバイバル』とは、生き残ること。

自然災害や、危険な状況から、どのように身を守るか。

仲間と共に助け合えるか。

 

全5日間みんな良くがんばりました。

君たちなら、きっと大丈夫だよ!

 

また、みんなと会うことを楽しみにしているよ!

(おせきはん)

 

 

 

 

明石ぼうけんクラブ春&夏 ①説明会・ウォークラリー

こんにちは!自然の家の武藤ゆーみんです。

いよいよ今年度も明石ぼうけんクラブ春&夏が始まりました。

第1回目の今回は、前半は説明会を、後半は班のみんなで宝さがしウォークラリーに出かけます。

とても良いお天気の中、元気いっぱいに活動することが出来ました。

緊張の面持ちのみんな。スライドショーで全5回の説明を聞いたら、

さっそく外へ出かけます!班毎に分かれて、お家の人へ「いってきま~す」

外の広場で全身を使って遊びました。少しずつ緊張もほぐれてきたようです。

お昼ごはんは班に分かれていただきます。

「お弁当、美味しいね~」

午後からは、宝探しウォークラリーに出発です。

まずは全体で説明を聞きます。各班に地図が配られちょっとドキドキです。

班でどの順番でまわるか、誰が地図を持つか作戦会議をして、

いざ出発!「がんばるぞー!おぉー!」

地図を頼りに、自然の家の施設内はもちろん、施設の外に出てポイントを探します。

ポイントにはそれぞれ暗号の言葉が落ちていました。

全部で15か所。すべてまわって、施設に戻ってきました。

全ての暗号のカードがそろい、並べてみます。

最初は全く分かりません。少し考えると、もしかしたら…??

「た、か、ら、の、か、く、し、ば、しょ、は…」文字が言葉になってきました。

暗号を解いて出てきた言葉に従い、スタッフのまっちを探すと、

そこでは最後の課題が出題されました。

無事に課題をクリアすると…宝の隠し場所の鍵をもらえ、

鍵を開けるとそこには…ステキなプレゼントが隠されていました!

 

1回目の活動を終え、少しですが班のメンバーの顔を憶え、名前を憶え緊張がほぐれてきた頃かと思います。

次回は6月16日~17日の1泊2日を班のみんなと過ごします。

さらなるチャレンジをがんばりつつ、班のみんなとの関係も深めていけたらと思います。