新着情報明石市立少年自然の家の新着情報&ブログ

明石ぼうけんクラブ春&夏 ①説明会&施設探検ウォークラリー

こんにちは!今年度明石ぼうけんクラブ春&夏を担当します 自然の家 永田まっちです。

先日行われた ぼうけんクラブの活動のご報告をさせていただきます。

まず、今回のぼうけんクラブはAチームとBチームに分かれて活動を行います。ですが、全5回活動があるうち

初回の活動と最終回の活動はAB合同で行い、②③④の活動はそれぞれのチームで活動を行います。

今回は合同で活動を行いました。

午前中はぼうけんクラブについての説明会を行い、その後子どもたちは芝生広場でリーダーと交流会ゲームを行いました。

最初は緊張ぎみの子どもも少しずつ笑顔が見えてきました。その後は班で交流を深める時間を過ごして、お昼ご飯を食べました。歌を歌う班や文字を書く班など、班ごとに過ごしました。

 

午後からは、施設の中と周辺を探検する『施設探検ウォークラリー』を行いました。各班の地図を配布して、その地図にあるポイントを回り暗号を集めました。出発する前にどこからポイントを回るか、役割分担をして、スタートしていきました。

地図を見ながら、「あっちに暗号があると思う!」「道路だから一列に並ばないとダメだよ」などの声が活動中に聞こえました。自分の考えを伝える子、自分の班の子に注していた子、時間が過ぎるとともに関係が深まっているように見えました。

暗号を各班探しましたが、各班見つけた暗号は1文字2文字だけでした。ですが、その暗号をすべての班で合わせて並び替えると……

『キャンプファイヤーじょう』という単語が出てきました!探してみると宝箱があり、その中にはキーホルダーが隠されていました!

1人1つ配布できたところで、今日の活動のふりかえりです。どんなことがあったかな?どんなことが出来たかな?今回は最初の活動で自分の班の子の名前を覚えることが目標でした。みんな、名前は覚えれたかな?次回の活動の時まで覚えていてくださいね。

次回の活動は野外炊事で、みんなでご飯を作ります!何を作るかはお楽しみです。そして、2回目の活動はAチームBチーム分かれて行います。

参加日程、お間違いないようよろしくお願いいたします。

それでは、また会いましょう!お待ちしています。 永田まっち

ちびっこアウトドアデイキャンプ

こんにちは!少年自然の家 中島いちごです。

5月12日に『ちびっこアウトドアデイキャンプ』を行いました。

ぽかぽか陽気の天気で、とても気持ちよく活動することができました。

まずは、緊張をほぐすためゲーム大会でボランティアリーダーのお姉さん・お兄さんと芝生の上で思いっきり遊びました。

鬼ごっこなどをするうちにみんなの表情も和らいできました。

次はいよいよカレーライスを作りです。班ごとにカレー係・羽釜係・かまど係と役割分担をして、いざ調理開始!!

 

みんなで力を合わせて作ったカレーライスのお味は…?

どの班からも「おいしい!!」との声が聞こえてきました。中には何度もおかわりをする子も…。

 

おなかがいっぱいになった後は木のキーホルダー作りです。真剣な表情で磨いています。つるつるになった木に今日の思い出を書いて完成です。

お別れの時間には、「また来たい」という声がたくさん聞こえてきました。

自然の家ではこれからもたくさんのイベントを企画しています。ぜひ次のチャレンジをしにまた来てくださいね!スタッフ一同お待ちしております。

 

少年自然の家通信 発行!

少年自然の家通信 ~明石の海でたくさん遊ぼう号~」を発行しました!

応募方法が変わっているので、ご注意ください。

たくさんのご応募お待ちしております♪

 

 

少年自然の家通信 発行!

ファミリーチャレンジ①

2019年度のイベントがいよいよ始まりました!!

そしてっ!!「平成最後の」イベント

ファミリーチャレンジ①を実施しました~!!

今回は、応募組数47組の中から選ばれた12組のご家族に参加していただきました!!

開講式を済ませた後は早速 外遊び!!
家族で!!
個人で!!
そして様々な家族と!!
色々と遊びました~!!

遊んだあとは、昼食作り。
今回は、カレーライスを作りました!!
ふっふっふ、ただのカレーライスでは無いですよ~♪
ごはんは羽釜で!!
カレーはスパイスから調合して作りました!!

午後からは思い出に残る作品を焼き板で作りました!!
なんと!1家族につき、2mの大きな板を用意したので
まずはお好みのサイズに切り分ける作業から開始!!

そして、バーナーでこんがりと焼いて

最後は思い思いのメッセージを書き込んで完成っ!!

解散する前に雨が降ってきましたが、ほぼ予定通りに活動することができました!!
当施設を利用しに来る市内小学校でよくやるプログラムを
小学校ではやらない手法でみなさんにチャレンジしてもらいました!

まだまだ今年度のイベントは始まったばかり!!

今後もたくさんのイベントを用意していますので

ぜひご応募お待ちしておりまーす!!

少年自然の家通信 発行!

少年自然の家通信 ~新1年生入学おめでとう号~」を発行しました!

たくさんのご応募お待ちしております♪

インターナショナルキャンプ

こんにちは!自然の家の武藤ゆーみんです。

今年度最後のイベント、インターナショナルキャンプを行いました。

朝1番、集合したばかりでは、まだまだ緊張しているみんな。

交流会でも、まだちょっと距離を感じます。

今回講師に来ていただく、ネパール人のニッチェルさんと、

シリア人のシャザーさんに日本や明石、そして自分たちの

自己紹介をしようと、班で作戦会議を行いました。

お昼前にいらした講師の2名も一緒に、

まずは『日本の遊び』を楽しみました。

今回選んだのは、「だるまさんが転んだ」と「花いちもんめ」です。

日本のみんなも、久しぶりの2ゲームだったようですが、

割と盛り上がって遊ぶことができました。

昼食をとって、午後からはさっそく国の紹介タイムです。

まずは日本の紹介です。

英語も使いつつ、紙芝居も使って紹介してくれました。

その後は、ネパールとシリアのお話を聞きました。

どこにあって、どんな民族で、どんな宗教を信仰していて…

国旗の紹介、そして世界遺産の紹介など。

教えていただきました。

紹介の後は、ネパール、シリアのゲームを行いました。

シリアのゲームは、ある“宝物”(この日はペンを使いました)を

誰かが隠し、その隠している人を見つけるゲームです。

実際にやってみると、盛り上がり、

今度別のイベントでもやってみよう!というような声も聞かれました。

夕方からは、ワールドクッキングを行いました。

班毎に、1品ずつ料理を作ります。

こちらの班は、シャザーさんとシリア料理の『シャーウルマ』を作りました。

1口サイズに切った鶏肉と、きゅうりのピクルス、マヨネーズを

トルティーアの生地に包み、それに焼き目を付けて完成です。

どんな味がするのでしょうか?

こちらの班は、ニッチェルさんと、チャパティを作りました。

チャパティはネパールなどでカレーに付けて食べるナンのような食べ物です。

ナンに比べ、薄くてパリッとしています。

本場の粉の捏ね方を習い、薄い生地をたくさん作りました。

もう1班は、玉ねぎを大量に刻み、

スパイスからカレーを作りました。

普段、日本では、ルウで作るカレーが一般的ですが、

様々なスパイスを炒め、混ぜ合わせだんだんとカレーらしくなってきました。

完成して、配膳をして、いっただきまーす。

味は…どれもおいしい!

「海外の料理は苦手なイメージがあったけど、おいしいね!」や

「これなら、家でも作れそう!」というような声が聞かれました。

片付けをして、夜はまた話を聞く時間をとりました。

今度は、実際に暮らしていた街や、通っていた学校、職場、

友だちや家族の様子、そんな写真とともに話を聞きました。

 

2日目は、今度は外国の文化を体験する時間をとりました。

まずはネパールの太鼓を紹介してもらいました。

太鼓のリズムとともに、不思議な響きの歌も歌ってもらい、

とても良い聞き心地でした。

実際にたたかせてもらうと…

なかなか上手に音が出ません。教わりながら、たたいていました。

次はシリアの凧作りを教わって作ってみました。

役割分担をして、それぞれの班毎に、オリジナルの凧を完成させました。

なかなか操縦が難しかったのですが、

昼食で行った海岸で凧あげすることができました。

最後のプログラム、ワールドウォークラリー。

地図を頼りにポイントを巡ります。ポイントにはクイズが仕掛けられており、

答えを考えます。

そして今回は、特別ルール、出てきた答えを、

外国人講師の方に日本語を使わずに伝えなくてはいけません。

英語はもちろんですが、全ては無理なので、

ジェスチャー等もたくさん伝えて、どうにか伝える努力をしていました。

最後に施設に戻ってきてから、まとめの時間をとりました。

それぞれ今回の活動のふりかえりをして、学びや感想を発表してもらいました。

その中には、

「英語以外に、自分の国の言葉を覚えれば、まわりのいくつかの国でも通じること、

同じ国の中でも色々な民族がいて、全く別の言葉を話していること、が新鮮だった」や

「外国の遊びが面白くて、これであれば、外国の子どもとも楽しく遊べそうだと思った」

というような声が聞かれました。

それぞれに学びがあったようです。

なかなか外国の方と関わる機会がなく、苦手意識もたくさんあるかと思います。

○○の国の人は、日本人と仲悪いからな~という印象もあるかもしれません。

でも実際日本から出て、個人で話してみると、そんな事ない事が多いです。

ぜひ、国際交流だけでなく、あらゆる場面で、

決めつけず、広い視野を持ち、実際に自分で見て知る、ことを大切にしてほしいと思います。

ご参加いただき、ありがとうございました。

 

ゆーみん