新着情報明石市立少年自然の家の新着情報&ブログ

少年自然の家通信 発行!

少年自然の家通信 ~明石の海でたくさん遊ぼう号~」を発行しました!

応募方法が変わっているので、ご注意ください。

たくさんのご応募お待ちしております♪

 

 

少年自然の家通信 発行!

ファミリーチャレンジ①

2019年度のイベントがいよいよ始まりました!!

そしてっ!!「平成最後の」イベント

ファミリーチャレンジ①を実施しました~!!

今回は、応募組数47組の中から選ばれた12組のご家族に参加していただきました!!

開講式を済ませた後は早速 外遊び!!
家族で!!
個人で!!
そして様々な家族と!!
色々と遊びました~!!

遊んだあとは、昼食作り。
今回は、カレーライスを作りました!!
ふっふっふ、ただのカレーライスでは無いですよ~♪
ごはんは羽釜で!!
カレーはスパイスから調合して作りました!!

午後からは思い出に残る作品を焼き板で作りました!!
なんと!1家族につき、2mの大きな板を用意したので
まずはお好みのサイズに切り分ける作業から開始!!

そして、バーナーでこんがりと焼いて

最後は思い思いのメッセージを書き込んで完成っ!!

解散する前に雨が降ってきましたが、ほぼ予定通りに活動することができました!!
当施設を利用しに来る市内小学校でよくやるプログラムを
小学校ではやらない手法でみなさんにチャレンジしてもらいました!

まだまだ今年度のイベントは始まったばかり!!

今後もたくさんのイベントを用意していますので

ぜひご応募お待ちしておりまーす!!

少年自然の家通信 発行!

少年自然の家通信 ~新1年生入学おめでとう号~」を発行しました!

たくさんのご応募お待ちしております♪

インターナショナルキャンプ

こんにちは!自然の家の武藤ゆーみんです。

今年度最後のイベント、インターナショナルキャンプを行いました。

朝1番、集合したばかりでは、まだまだ緊張しているみんな。

交流会でも、まだちょっと距離を感じます。

今回講師に来ていただく、ネパール人のニッチェルさんと、

シリア人のシャザーさんに日本や明石、そして自分たちの

自己紹介をしようと、班で作戦会議を行いました。

お昼前にいらした講師の2名も一緒に、

まずは『日本の遊び』を楽しみました。

今回選んだのは、「だるまさんが転んだ」と「花いちもんめ」です。

日本のみんなも、久しぶりの2ゲームだったようですが、

割と盛り上がって遊ぶことができました。

昼食をとって、午後からはさっそく国の紹介タイムです。

まずは日本の紹介です。

英語も使いつつ、紙芝居も使って紹介してくれました。

その後は、ネパールとシリアのお話を聞きました。

どこにあって、どんな民族で、どんな宗教を信仰していて…

国旗の紹介、そして世界遺産の紹介など。

教えていただきました。

紹介の後は、ネパール、シリアのゲームを行いました。

シリアのゲームは、ある“宝物”(この日はペンを使いました)を

誰かが隠し、その隠している人を見つけるゲームです。

実際にやってみると、盛り上がり、

今度別のイベントでもやってみよう!というような声も聞かれました。

夕方からは、ワールドクッキングを行いました。

班毎に、1品ずつ料理を作ります。

こちらの班は、シャザーさんとシリア料理の『シャーウルマ』を作りました。

1口サイズに切った鶏肉と、きゅうりのピクルス、マヨネーズを

トルティーアの生地に包み、それに焼き目を付けて完成です。

どんな味がするのでしょうか?

こちらの班は、ニッチェルさんと、チャパティを作りました。

チャパティはネパールなどでカレーに付けて食べるナンのような食べ物です。

ナンに比べ、薄くてパリッとしています。

本場の粉の捏ね方を習い、薄い生地をたくさん作りました。

もう1班は、玉ねぎを大量に刻み、

スパイスからカレーを作りました。

普段、日本では、ルウで作るカレーが一般的ですが、

様々なスパイスを炒め、混ぜ合わせだんだんとカレーらしくなってきました。

完成して、配膳をして、いっただきまーす。

味は…どれもおいしい!

「海外の料理は苦手なイメージがあったけど、おいしいね!」や

「これなら、家でも作れそう!」というような声が聞かれました。

片付けをして、夜はまた話を聞く時間をとりました。

今度は、実際に暮らしていた街や、通っていた学校、職場、

友だちや家族の様子、そんな写真とともに話を聞きました。

 

2日目は、今度は外国の文化を体験する時間をとりました。

まずはネパールの太鼓を紹介してもらいました。

太鼓のリズムとともに、不思議な響きの歌も歌ってもらい、

とても良い聞き心地でした。

実際にたたかせてもらうと…

なかなか上手に音が出ません。教わりながら、たたいていました。

次はシリアの凧作りを教わって作ってみました。

役割分担をして、それぞれの班毎に、オリジナルの凧を完成させました。

なかなか操縦が難しかったのですが、

昼食で行った海岸で凧あげすることができました。

最後のプログラム、ワールドウォークラリー。

地図を頼りにポイントを巡ります。ポイントにはクイズが仕掛けられており、

答えを考えます。

そして今回は、特別ルール、出てきた答えを、

外国人講師の方に日本語を使わずに伝えなくてはいけません。

英語はもちろんですが、全ては無理なので、

ジェスチャー等もたくさん伝えて、どうにか伝える努力をしていました。

最後に施設に戻ってきてから、まとめの時間をとりました。

それぞれ今回の活動のふりかえりをして、学びや感想を発表してもらいました。

その中には、

「英語以外に、自分の国の言葉を覚えれば、まわりのいくつかの国でも通じること、

同じ国の中でも色々な民族がいて、全く別の言葉を話していること、が新鮮だった」や

「外国の遊びが面白くて、これであれば、外国の子どもとも楽しく遊べそうだと思った」

というような声が聞かれました。

それぞれに学びがあったようです。

なかなか外国の方と関わる機会がなく、苦手意識もたくさんあるかと思います。

○○の国の人は、日本人と仲悪いからな~という印象もあるかもしれません。

でも実際日本から出て、個人で話してみると、そんな事ない事が多いです。

ぜひ、国際交流だけでなく、あらゆる場面で、

決めつけず、広い視野を持ち、実際に自分で見て知る、ことを大切にしてほしいと思います。

ご参加いただき、ありがとうございました。

 

ゆーみん

スプリングキャンプ

こんにちは!自然の家 永田まっちです。

先日の『スプリングキャンプ』のご報告をさせていただきます。

まずは緊張をほぐすために、みんなで交流会ゲーム!ジャンケンやおにごっこをして体を動かして遊びました。

 

午後は、施設内でエッグハントウォークラリーを行いました。軍手染めのアイテムを隠して、探します。暗号をたまごカプセルにいれて、設置しました。1班10たまご。班で協力して暗号を集めました。無事、全班アイテムをみつけることができました。

 

見つけたアイテムでさっそく軍手染め!今回は黄緑色に染めました。まずは輪ゴムとクリップで模様付け。軍手を丸めて輪ゴムをくくる子もいれば、指に三つの輪ゴムをつくるなど、思い思いに模様をつけました。模様をつけて、染色液に軍手を1時間つけました。あとは定着液につけて、ゆすいで乾かしました。2日目のお弁当作りに使いました。

 

2日目は朝の集いからのスタート。朝食を済ませて、部屋の片づけ・清掃をして、お弁当作りです!

今回は桜でんぶ・鶏そぼろ・にんじん・たくあん の四色弁当。班で1つの具材を調理して全員分作りました。

   

完成したお弁当を持って、近くの海岸までピクニックに行きました。午後からは天候も回復して太陽も出ていて、絶好のピクニック日和でした。お弁当を食べた後は海岸でフリータイム。遊びたいこと、やりたいことをしました。海に入る、砂遊び、生き物観察、貝殻拾いをしました。みんな夢中で遊んでいて、とても楽しそうでした。

   

帰ってきたあとは活動のふりかえり。どんなことをしたかな?どんなことにチャレンジできたかな?そんな話を各班、そして全員で行いました。今回の活動で初めてしたことがあったと思います。軍手染め、お弁当作り、包丁やマッチで火をつけるなど。今回だけではなく、学校や普段の生活の中でもいろんなことにチャレンジしてほしいと思います。

 

自然の家では今後も様々なイベントを企画してまいります。

みなさんとお会いできるのをリーダースタッフとともにお待ちしています。

ご参加、ありがとうございました!

まっち

 

 

 

 

のりフェスティバル

こんにちは!自然の家の武藤ゆーみんです。

3/2~3、明石の特産『海苔』を学び、味わい、楽しむ2日間、

のりフェスティバル開催されました!

 

初日はお昼過ぎからの集合。最初はちょっと緊張気味なみんなでしたが、

良いお天気の中体を動かして、少しずつ緊張がほぐれてきた様子。

最初は知らない子ばかりだったのに、

ゲームを通して、だんだんと仲良くなってきました。

交流会の後は、さっそく海苔のりウォークラリーに出発です。

班で地図を頼りに、施設内のポイントを巡ります。

ポイントには海苔にまつわるクイズや問題があり、

それを解いてまわりました。

例えば…

・海苔には、「畑の肉」と言われる大豆と同じくらいの〇〇が含まれています、

な~んだ??

・海苔は11種類のビタミンが含まれています!

中でも、ビタミン〇は、同じ量のみかんの6倍も含まれています。

な~んだ?

などなど。海苔の歴史や、栄養、収穫方法など、難しい問題もありましたが、

少しずつ学んでいきました。

そして、こんなポイントもありました↓

班のみんなで協力して「のり」を人文字で表す協力ゲームです。

上手にカタカナの「ノリ」が出来ています!

 

夕飯の時間には、江井島漁協から漁師さんが来てくださり、

海苔の話をしてもらいました。

その場で、とれて乾かしただけの「生のり」をあぶって

味比べをしてみると…味が全然違う!驚きの瞬間でした。

そして、夕食は、手巻き寿司パーティーをしました。

海苔が美味しいので、パクパク食が進みます。

楽しく、美味しい時間でした。

 

2日目は早起きをして、海苔すき体験です。

あいにくのお天気で雨が降っていましたが、自然の家で漁師さん達に

教わりながら、海苔すきを行いました。

型にはめた巻きすに、海苔の素を流し入れてもらいます。

その後、専用のスポンジを使って、水分を押し出しました。

水分を絞った海苔は、専用の枠にセットして、乾燥させました。

どんな海苔になるのかな?

海苔すきが終わると、今度はライフジャケットを羽織って、いざ港へ。

船に乗せてもらい、沖合の海苔の養殖場へ。

「もぐり船」が海苔を収穫する様子を見せてもらいました。

近づいて見せてもらうと…

ゴゴゴゴゴと音がしていました。

まるで恐竜みたい!という声もありました。

船が沈んでいる網を潜って収穫する様子は、とても迫力満点でした!

戻ってきてからは、海苔の加工工場の見学をさせてもらいました。

海から採ってきた海苔にはたくさんのゴミがついています。

たくさんの機械の中を通して、何度も濾過をして、ゴミを取っていくそうです。

最後に、全形の大きさになった海苔がまとまって出てきて、

それを手作業でくくる作業も見せてもらいました。

海の中から採ってきた海苔が板海苔になる様子を学びました。

たくさん学んだ後は、

施設に戻って、最後のプログラム、ロング巻き寿司に挑戦です。

みんなで机を運び、一列になって、長い長い巻きずしを作りました。

ロング巻きずしはみんなの協力が必要です。

1人でもタイミングがずれると、そこで分断されてしまうのです。

息を合わせて「せ~っの」の合図で一斉に巻きこみました。

少し苦戦もしつつ…

無事にとっても長いロング巻きずし完成しました~

海苔を学び、海苔を味わい、海苔を楽しむ2日間でした。

明石に住んでいても、近くで海苔の網や収穫を見ることはなかなか機会がありません。

また、どろどろの状態から自分ですいて、板海苔を作る経験もなかなかありません。

実際に経験してみて、味わってみて、海苔のこと、そして、地元明石のことを知れたかと思います。

こんなに美味しい海苔が採れる明石のこと、さらに好きになってくれるといいな。と思いました。

また、美味しい海苔が採れるためには、きれいな海も大切です。

ゴミのポイ捨てをしないなど、身近なところからで良いと思います。

身近な環境を守る意識も持ってほしいな。と思いました。

 

自然の家では1年を通して、様々なイベントを企画しています。

たくさんの体験を通して、色々な学びの場を提供したいです。

ぜひ、またご応募いただけたらと思います。

ご参加ありがとうございました!

 

ゆーみん